20代30代の大半が将来お金が足りなくなる時代の生き残り方

sponsored Link

お金が足りなくなる!

「20代30代で結婚し子供を生み家を買う」といういわゆる普通の人生を志向する人は多い。でも、この普通の生き方にどれだけお金が掛かるかご存知でしょうか?

・・答えは約一億円です!!

(時代背景などはこちらに詳しいです合わせてお読み下さい。)

 

では、普通の人生を送りたいAさんの人生を間単に追ってみましょう。

 「結婚」結婚にはいまやそこまでお金は掛かりません。中吊り広告などでもやっているように「ただ婚」や「スマ婚」など式を挙げるにも今は無料~数万くらいで挙げられます。まーそれなりの場所やこだわりを持てば100~200万の間くらいでしょうか?そして、新婚旅行に行けばこれも場所や時期など幅がありますが20万~50万の間くらいが多いようです。では、ここでかかるお金は0円~250万くらいでしょうか

2 「家を買います」 ここでも幅がありますが、都内でマンションや戸建てを買うと2000万から4000万くらいはかかります。そして、ほぼ全員が30年ほどのローンを組みます。そうなると固定金利2%前後とみると支払い総額はざっくり1.3倍くらいになります。そうすると住宅購入費は総額は2600万~5200万くらいになります

 「子供を作る」今首都圏で子供を育てる場合、私立と公立でも違いがありますが一人当たりの教育費(学費&学生時の仕送り)は公立で500万、私立で1500万くらいかかります。これは教育費のみです。生活費や習い事お小遣いなどは入っていません。まー学費のみで考えると500万~1500万一人当たり成人まで育てるとかかる計算です。今は一人っこも多いですが二人兄弟も結構な比率でいるので×2になる家庭も多いです。

 

さて、ここまで。ざっくりした計算ですがいわゆる普通の人生を送ることの支出を足してみると3000万~7000万かかります。そしてこれは”かなり控えめ”に見積もった金額です。

私の周りで多いのは、20代後半で結婚、約3500万ほどで家購入、子供二人というパターンが多いです。住居にしても3000万以上がやはり人気のラインです。それ以下だと中古で間取りや設備などどこか妥協が出てきますし、一般的に「終の棲家」と考えられ、基本ずっと住む前提で購入する人が大半なのでせっかくならと納得ラインが3500万くらいのようです。

教育費も子供の将来を考えると塾や私立が選択肢に登るようです。出来ることなら私立に入れたいと私自身も聞いたことがあります。

そうなると現実的な金額を見積もると住宅費総額4500万ほど子供二人私立に入れると3000万。計7500万さっきの上限あたりが現実的なラインになりそうです。更に教育費生活費は増加傾向にあります。

7500万・・これを生きるための毎月の生活費、保険、遊興費などなどを引いた収入から作らなきゃいけないのです。その上自分の老後の資金も貯めなきゃなりません。こちらも今や年金ありでも、それとは別に4000万ほどの蓄えが夫婦で必要と言われています。

日々生活しながら貴方は、7500万プラス老後の4000万=11500万貯められますか?これはけっして贅沢な生活ではありません普通の生活なのです。

 

 

月々いくら貯蓄しなければいけないのか?

30歳の人を仮定すると、65歳まで35年あります。月に換算すると420ヶ月です。では、単純計算で11500万定年までに貯めなければいけないと考えると、月当たり約27万円です!仮に30歳で貯金が500万円あったとしても月々26万円貯金しなければいけません。500万の貯金があってもたった月当たり1万円しか減りませんし、そもそも30歳で500万ある人の方が稀でしょう。

この27万/月には住居費が入っています。35年ローンだと約85000円くらい月々支払いになるので、ローンを抜くとそれでも快適に生きていく為に必要な支払いをした後で、約18万を貯蓄しなければいけません。しかも、35年間ずっと!!これはかなりキツイでしょう・・

内訳を簡単に挙げると、家族四人で住居費85000円、食費50000円、水光熱費15000円、ネット代5000円、スマホ20000円、雑費10000円、贅沢しなくても大体固定費で合計185000円くらいかかります。プラスほぼ固定費の同額18万円を貯金しなければならないとなると月の給料は手取りで365000円必要なのです。これを35年間無事健康で働き続け維持できますか?

恐らく、上記の手取りは30代はかなり厳しいでしょう。しかも、年齢が上がれば給料が上がるとも限りません。こう考えると、普通の人生を送る人でさえ途中キャッシュが回らなく可能性が高くなります。

 

 

お金に働かせる!

自分が働き、給与を得るということが普通の人の考え方でしょう。収入は一本です!すなわち、怪我や諸事情で働けなくなった場合収入がゼロになるし、時間を切り売りし続けなければいけない状態です。そうなると収入を増やすには長時間労働をやるしかなくなる・・

ですので、出来れば、収入は複数持ちましょう。そして、自分が働くだけでなくお金にも働かせましょう!

その為には、元本保証ではお金は働いてくれません。自分でちゃんと理解した投資をし、お金にきちんと働いてもらうのです。例えば、教育費を例にすると年率15%で投資できれば生まれたときに200万円だけあれば高校進学時に1600万円くらいになります。これで学費は仕送りも含めて余裕で賄えます。

お分かりでしょうか?今、20代30代に必要なのは「自前の投資力」なのです!!他人任せでは安定しません投資は安定力も鍵なので「自前での投資力」必須です!

将来の為に毛嫌いせずあなたも手堅い自前の投資力を磨きましょう!その為のヒントや情報は今後発信していきます。

苦しい時代だからこそ、同じ年代の経済的自由を達成した人たちを沢山作ることが私の目的です!共に成長し自分の手に選択肢を沢山持てる人生を送りましょう!!

 

[2017年2月追記]

上記の仮定はだいたい現実を反映していると思いますが、退職金が抜けていました。

今、退職金の平均は約2000万前後だと考えられます。(退職金の平均はこちらを参考にしました。)

それでも9500万円・・・これを貯蓄のみではやはり厳しい・・・

 

しかも、その退職金、我々の年代はもらえるのでしょうか?

退職金は企業の義務ではありません。中小企業以下では退職金制度がないところも多いです。(私のいたとこもありませんでした。笑)

今後大手も企業財務次第でどんどん廃止or減額してくるでしょう。(その代替手段として国は確定拠出年金制度を推してます)

これから家を買おうとしている人は、退職金を当てにした住宅ローンとか危険なんでやめて下さい。(ボーナスもね)

退職金(とボーナス)は、もらえればラッキーくらいの感覚の方が私は良いと思います。退職金を当てにしないファイナンシャルプランを立てるべきです。

そうなると、この記事の仮定にはそんなに変更はないですね。

給与収入のみに依存はとても危険です。まずは事実を知り、危機感を持つことから始めましょう

 

 

 

 

imoオススメ書籍

sponsored link

Voluntary life メルマガ

voluntary life メルマガ

「自律的に生きる」をテーマにしたサークル風メルマガ。 読者参加型で、「自力で稼ぐ力」と「お金を働かせる力」を鍛える情報発信をしています。 今の自分の枠組みを超えたい人、お金以外の資産作りに興味がある人は是非!現在、月額400円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です