「株式会社」という発明(投資初心者向け)

sponsored Link

「株式会社」という発明

本日は、「株式会社」という制度についてのお勉強。というか本質の確認です。

今では、当たり前に存在している「株式会社」ですが、これは物凄い発明だということを知っていますか?

「株式会社」の肝は有限責任であることです。つまり、どんなに損しても「投資額までの責任」でOK。それ以上の弁済請求はされません。

株式会社という制度が存在する前は、基本的に「事業を起こす」ということは本当に人生をかけたギャンブルでした。

 

 

株式会社以前の世界は無限責任

「無限責任」とは、会社に対して無限に責任を負うことであり、会社が倒産し更に債務を会社の財産だけでは弁済できなかった場合、自己の財産も弁済に充てなければいけません。

もし事業に失敗したら巨額の借金を背負って破滅が既定路線。

そして、これは出資者も同じでした。

事業を応援する意味でお金を出しても無限責任・・

これでは怖くて事業への投資をしようという人はなかなか集まらないですよね?

 

 

株式会社の登場で「投資」が広まった

株式会社は有限責任です。

株式会社の登場で出資者は安心して投資できるようになりました。

「最悪でも投資額がなくなるだけ・・・」

普通の人は信じられないでしょうが、これはとても大きな安心を提供してくれるんですよ。笑

それまでの世界は、投資した金額を大きく超えて弁済義務が発生する可能性があり、下手したら自分の知らないうちに破産です

この状況を考えると「投資額までの損で済む」というのはとても大きな安心でした。

この結果、事業を起こそうという人にお金が集まり、たくさんの技術や資源の開発、新しいアイディア、研究が発展しました。私たちの住む今の発展した世界があるのは、株式会社が登場したおかげです。そして、その根本には「投資」があったお陰です。

 

 

株式投資は有利な場。株で破産はありえない

無限責任が本来の世界です。

●事業が上手くいけばその大きな利益の恩恵にあずかれますが、もし失敗した場合は同じく大きな損失も約束されます。

つまり、上にも下にも無限大。

●一方、「株式会社=有限責任」の世界では、事業が上手くいった時の利益は無限大ですが、失敗した時は「投資額まで」です。

つまり、上は無限大ですが、下は限定されている。

 

 

株で破産するのはその人のせい

昔から都市伝説のようによく「株で破産した」と言う話を聞きますが、それは株式投資のせいではなく、その人のギャンブル体質のせいです。

これまで書いてきた通り、株式投資での損失は限定されています。自分の投資額を超える損は絶対発生しません。

株で破産する場合は、自分で投資した金額自体が巨額すぎる場合のみです。(信用取引やオプションなどで)

しかも、株の価値がゼロになるなんて普通はほぼありえません。

悪くて半分。一般的な投資家は複数の株式を分散保有しているので、全部が同じように半分になることもありえません。

なので、投資資金総額が半分になる可能性もきちんと投資をしていれば非常に低い確率になります。

 

 

「投資」が世界を作る

冒頭で書いたように、この世界は「投資」が促された結果大きく発展をしました。

とても実力があり、アイディアも人と違うものを持っている人でも「お金」がなければそれを実現することは難しい。

「お金」を上手く使えて、より大きな価値に変えてくれる人や企業に融通することを「投資」と言います。

「投資」は危険な物や怪しいものではなく、私たちの生活を支えているものであり、今後も必要なものなのです。

そして、「株式投資はプラスサム?」の記事で書いたようにお金の運用先としては「株式投資」は非常に有利な場になります。

基本的に上は無限大、下は投資額までいう安全装置も付いてます。

だから、私は株式投資をメインに据えて資産作りをしているのです。

株式投資は最も利益が出やすく、個人の力は小さいですが世の中にお金を回す社会的役割に参加している気分にも浸れます 笑。

せっかく株式会社の存在する世界に生きているのであれば、その偉大な発明を利用して社会的にも個人的にも豊かな世界作りに参加することはとても面白いことだと私は思います

以上、偉大な発明「株式会社」についてでした。

 

 

 

imoオススメ書籍

sponsored link

Voluntary life メルマガ

voluntary life メルマガ

「自律的に生きる」をテーマにしたサークル風メルマガ。 読者参加型で、「自力で稼ぐ力」と「お金を働かせる力」を鍛える情報発信をしています。 今の自分の枠組みを超えたい人、お金以外の資産作りに興味がある人は是非!現在、月額400円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です