変化の少ないモノに注目すると楽(株式投資成績2016/9/24)

本日は、今週の投資成績と注目すべきモノについて

 

では、今週の投資成績から

2016/9/24
銘柄 取得単価 現在単価 収益・損失 比率
フロンテオ 2158 954 766 -20% 306
アリアケ 2815 2465 5490 123% 132
あいHD 3076 1776 2370 33% 5558
トレファク 3093 1060 915 -14% 732
エイジス 4659 1736 5000 188% 1500
メック 4971 830 985 19% 296
C-GIGA 2100 4150 98% 830
FPG 7148 920 968 5% 290
ミロク情報 9928 950 1808 90% 723
ポールトゥウィン 3657 975 906 -7% 272
キャッシュ 260
10899

そして、去年末は

2015/12/31
銘柄 取得単価 現在単価 収益・損失 比率
UBIC 2158 954 932 -2% 373
アリアケ 2815 2465 6710 172% 1503
あいHD 3076 1474 3080 109% 4620
トレファク 3093 1118 1117 0% 398
エイジス 4659 1736 3700 113% 1110
山田コンサル 3389 3875 14% 388
メック 4971 830 870 5% 435
マニー 7730 1188 2337 97% 701
キャッシュ 1700
11227

この結果、今年成績は、

2016年成績 -3%

になりました。

トントンから-10%辺り・・・やっぱり今年はこのレンジの行ったり来たりですね。

そして、ブログ収益分で株を買いました。

銘柄 取得単価 現在単価 収益・損失 株数 投資金額 評価額 キャッシュ ブログトータル資産
keeper技研 6036 1395 1395 0% 29 40455 40455 902 41357

これに関しては月末の「投資としてのブログ運営報告」で詳しく書こうと思います。

 

今年は主力がずーーっと低迷しているのでしょうがない。ただ企業業績が低迷しているわけではないので、2、3年後にでも業績分評価してもらえればOKです。

というように直近の株価低迷はホントどうでもいい。恐らく私はその辺の人よりだいぶ気長に考えております。

「気にするべきは業績で、株価はあとから付いてくる。」

これはよく聞くセリフですが、私がツイッターとかを見ている分には「本当にそう考えているのかな?」と思う人がチラホラ。

数ヶ月の・・下手したら数日の株価の上下ですぐに「株価対策しろよー」とか「優待御願い」とか「配当増やせ」とか目先で文句を言い出したり、言動が右往左往している人をよく見ます。

「いやいやいや、株価は気にしないんじゃなかったの?・・・」

本当に評価基準を業績としているなら数年レベルで考えるべきだと私は思います。

 

 

有名投資家の動向

上記のこととも多少関連しますが、有名投資家の動向を過度に気にする風潮はどうなんかな?と

そして、その購入銘柄の株価が上がることもどうなんかな?・・と

別に有名投資家が買ったからって業績が伸びるわけじゃないでしょう?

せいぜい株価のカンフル剤になるくらい。

短期トレーダーならそれ追うのも良いでしょう。むしろ有名投資家の動向をチェックすることは有力な戦略になるかもしれません。

しかし、その有名投資家は長期視点であり、その動向を追っているということは同じ視点、投資スタンスの人なのではないでしょうか?

 

あまり変化しないモノに注目する

どちらにも共通する違和感は”株価”に注目していることです。

有名投資家の動向で気にするなら、その「投資基準」だと思います。

そして、それは包み隠さず公開されていることが多い。

「何を買ったか?」はその結果ですよね

ブレない投資をするには、短期間で変化する「株価」ではなく、「長期的な企業業績」や「投資基準」のように中々変化しないモノに焦点を合わせる必要があります。

変化の激しいモノに注目するとめっちゃ消耗しますよ

心当たりのある人は、自分がどういうスタンスで投資をしたいのか?を改めて考えてみて下さい。

SPONSORED LINK

Voluntary life メルマガ

voluntary life メルマガ

「自律的に生きる」をテーマにしたサークル風メルマガ。 読者参加型で、今の自分の枠組みを超えたい人を対象にしています。お金以外の資産作りに興味がある人は是非!現在、月額250円(4月末に300円へ値上げ予定)

2 件のコメント

  • imoekatさんこんにちは。

    前々から気になっていたのですが、FPGってなんで購入されたのですか?

    購入した時のブログでも、短期的な理由で購入したと書いてあった気がしますが。

    金融政策に対するヘッジ目的とかでしょうか?

    • ジントニックさん。こんばんは

      お、鋭いとこを突いてきますね 笑
      感じてらっしゃる通り、本来の私の基準とは少し違う基準で購入しています
      短期的な理由とは、実は、個人的な資金需要のことで半年から1年の期間である程度の利回りを得られる銘柄ということで購入しました。

      で、なぜ1年ほどである程度利益を得られる考えているか?というと
      7月の第3四半期決算を受けて株価が暴落していたのを見て過剰だと感じたからです。
      私が株価を見るのは基本的に購入時なのですが、九百円台はこれ以上下げることは考えづらい価格と思っています。
      暴落した第3四半期決算ですが、恐らく通期目標未達懸念と成長鈍化懸念だと思われます。
      その点、私は、これまでのFPGは結構保守的な予想を出してくる企業であることと、販売予定の商品出資金にかかる手数料前受金が大きく増加していることなどから通期達成は可能だと判断しました。
      もし、通期達成であれば短期的にも上げる可能性は高いかなと

      しかしながら、FPGを他の保有銘柄と同じように長期で持てるか?というとそれは疑問です。
      基本的には景気敏感株であるように見えますし、法令というどうしようもない外部リスクもあります。
      そして、結構複雑な事業をしているので、自分の理解の及ばないリスクもあるかもしれません。
      何より個人的には借入が前提の事業にはどうしてもリスクを感じてしまうということもあります。

      一方で、参入障壁の高い事業であり、まだまだ市場規模は大きく成長余地がある。さらに、景気敏感であるように見えますが、リーマン後早期に復活もしていることを考えると意外と強い事業なのかな?とも思います。
      タックス・リース・アレンジメント事業は、投資利回り目的というより節税目的という視点は素晴らしいと思います。今後も中小企業の一部は景気が悪くとも黒字企業は多いでしょう。イマイチ曖昧さの残る投資目的ではなく、目先の課税繰り延べというメリットは中小企業経営者には非常に魅力的に映ると思われます。
      会計事務所、金融機関ともさらに開拓できれば今後も需要は豊富という見方も理解できますね。

      しかし、根本的に事業内容が難しいこととコントロール不能の外部リスクもあることが、長期保有は自分としてはできないなと感じます。
      この意味でも短期的な保有かなと感じています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です