オススメ記事
天国相場はいつまで続くのか(株式投資成績報告2017/12/2)
スポンサーリンク

こんにちは、imoです。

本日は、今週の投資成績報告

早速行きます

2017/12/2
銘柄取得単価現在単価収益・損失比率
あいHD 30761857264642%6205
メック 49718302399189%720
C-GIGA10502315120%926
ウェブロックHD 7940878129547%2331
IRJHD 60351198221785%1774
竹本容器 42481712213024%639
ダイイチ 7643118512798%512
ミロク情報 99289502930208%1172
ポールトゥウィン 3657975189594%569
キャッシュ171
15017

 

去年末はこちら

2016/12/31
銘柄取得単価現在単価収益・損失比率
フロンテオ 2158954856-10%342
アリアケ 281524656260154%150
あいHD 30761795232429%5682
トレファク 30931060879-17%440
エイジス 465917365480216%1644
メック 497183096817%290
C-GIGA21005600167%1120
ミロク情報 9928950180089%720
ベガコーポ 3542267029159%583
ポールトゥウィン 36579759912%297
キャッシュ10
11279

 

この結果、今年の投資成績は

2017年成績33%

 

になりました。

 

スポンサーリンク

 

全体的に楽観的ですねー

先日書いた仮想通貨界隈は言わずもがな、株式市場も相変わらずお強いです。

私もお遊びで200万円くらいの資金をスイング的に運用しているんですが、それらは軒並み短期間で1.5倍とか2倍とかになっています。(ブログには反映していません)

そりゃこんな銘柄へ集中投資したり信用使ったりすればハイパフォーマンスになるわな・・という実感。

今はそんな株に結構な確率で当たる時期のようです。2014年、2015年くらいもかなり環境は良かったですが、あの時よりも短期間で大きく上がる株の数が多い印象(特に上げ幅が大きい)

理屈でいうなら全体的に利益が出ているのでEPS増加&成長率見直し→PER見直し→株価暴騰みたいな好循環に見えます。

今後もEPS成長率が維持できるなら短期上昇株も妥当な価格と考えられますが、実際にそうなるのは多分数が限られるでしょうね。

投資判断として今の暴騰は一時的として一旦売るか、今後もその成長率が維持できると考えて保有を続けるか?の二択

まあ、今大きく利益を上げている多くの個人投資家は短期スイングのように思いますので、それなりに上げれば一旦売る人が多そうです。

これは本来ゼロサムゲーム。しかし環境が今は味方していますので、短期なのにプラスサム的な部分も混じっていて多くの人が利益を上げられる状況。天国ですね〜

 

この状況がいつまで続くか?

常識的に考えて永遠に続くことは考え難いです。

歴史に学び、自己を律し、注意深く洞察を欠かさない人なら状況の変化に対応できそうですが、多くの場合自惚れ

「今回は違う!」「自分は大丈夫!」

と評価しがちなので注意しましょう。

 

それでは、また来週。

いつまでもこのような状況が続くことを祈ります。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事