比較をどことするか?(株式投資成績2016/12/23)

sponsored Link

こんにちは、imoekatです。

本日は今週の株式投資成績報告

さっそくいきましょう

2016/12/23
銘柄 取得単価 現在単価 収益・損失 比率
フロンテオ 2158 954 812 -15% 325
アリアケ 2815 2465 6070 146% 146
あいHD 3076 1795 2299 28% 5621
トレファク 3093 1060 881 -17% 441
エイジス 4659 1736 5480 216% 1644
メック 4971 830 936 13% 281
C-GIGA 2100 5150 145% 1030
ミロク情報 9928 950 1693 78% 677
ベガコーポ 3542 2670 2750 3% 550
ポールトゥウィン 3657 975 1012 4% 304
キャッシュ 10
11028

去年末は、こちら

2015/12/31
銘柄 取得単価 現在単価 収益・損失 比率
UBIC 2158 954 932 -2% 373
アリアケ 2815 2465 6710 172% 1503
あいHD 3076 1474 3080 109% 4620
トレファク 3093 1118 1117 0% 398
エイジス 4659 1736 3700 113% 1110
山田コンサル 3389 3875 14% 388
メック 4971 830 870 5% 435
マニー 7730 1188 2337 97% 701
キャッシュ 1700
11227

その結果、今年の成績は

2016年成績 -2%

になりました。

変わらず!

以上。

銘柄入れ替えもしてないです。

 

比較する相手

いつも成績報告だけしてもなーと思いながら週末の記事を書いていて、少しでもなにか膨らまそうとすると投資成績に関しての言い訳になるんですよね 笑

ということで、今回も言い訳です。

 

ネット上の超成績を出している人と比べて自分はしょぼいなと思う必要は無いと私は本気で思っています。

前から言っていますが保有銘柄のタイミングもありますし、投資スタイルもありますので切り取る時期によって優劣は簡単に逆転する

だから一年とか半年とかの時期を切り取ってどっちが優秀な成績だったか?なんて意味がないのです。

そもそも自己申告の時点で本当にそんな成績が出ているのか?も分からないですしね

他人を無駄に意識する必要はないということです

 

では、もし比較するとしたら誰とすれば良いのか?

それは、職場の同僚、先輩、友達、等々、リアルで関わる周囲の人ではないでしょうか

その人達がどのように資産形成をしているのか?

給与の増加に依存しているのか?運用で増やそうとしているのか?ギャンブル、宝くじ頼りなのか?

なんにせよ今年のトータル資産がそれぞれどうなっているか?で比べればいいと思います。

 

しかし、こう言うと「レベルの低いとこと比べて優越感に浸っているだけだ!」と非難する人もいるでしょう

でも、普通は別に毎年50%以上の成績を元々狙っているわけでもありません。

それはもしかしたら将来の成長の先取りに過ぎないかもしれない・・

大事なことは自分の投資スタイルをブレさせないこと。

周囲の平均と比べて資産の増加が早ければあなたの投資は間違っていないということです。

無理をする必要はない。

ということで、現状で同世代より資産は多いと思いますので私はこのままいきます。

 

ちなみに、世代別の平均金融資産保有額はこちらの記事にありました。(2014年のデータのようです)

 

 

 

 

SPONSORED LINK

Voluntary life メルマガ

voluntary life メルマガ

「自律的に生きる」をテーマにしたサークル風メルマガ。 読者参加型で、今の自分の枠組みを超えたい人を対象にしています。お金以外の資産作りに興味がある人は是非!現在、月額300円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です