オススメ記事
株式投資成績(2016/10/15)
スポンサーリンク

本日は、今週の投資成績報告です

さっそくいきましょう

今週の結果は以下

2016/10/15
銘柄取得単価現在単価収益・損失比率
フロンテオ 2158954889-7%356
アリアケ 281524655520124%132
あいHD 30761776235533%5522
トレファク 30931060834-21%667
エイジス 465917364980187%1494
メック 4971830108030%324
C-GIGA2100418099%836
FPG 7148920914-1%274
ミロク情報 99289501924103%770
ポールトゥウィン 3657975883-9%265
キャッシュ260
10900

そして、去年末は

2015/12/31
銘柄取得単価現在単価収益・損失比率
UBIC 2158954932-2%373
アリアケ 281524656710172%1503
あいHD 307614743080109%4620
トレファク 3093111811170%398
エイジス 465917363700113%1110
山田コンサル3389387514%388
メック 49718308705%435
マニー 77301188233797%701
キャッシュ1700
11227

 

この結果、今年の成績は

2016年成績-3%

になりました。

いつも通り横ばいです。

感覚的には厳しい状況が続いております。まあ、これは年初から言っている通りしばらく続くと思っているのでまあしょうがない

 

トレファクについて

トレファクの第二四半期決算が発表されましたね

はい、下方修正です。

カインドオル買収や海外展開など色んな不確定要素と、月次が悪かったので個人的には想定内でした。

また、セカンドストリートなど他社も厳しい状況ということで業界自体の限界ではないか?という懸念もあります

ただ、その判断はまだ早いと個人的には思いますね

今回の結果のみで判断するのは短絡的過ぎる

今後の動きや他にも色々調べる必要があります。

 

そもそも今回のトレファクについて株価のみに注目するのであれば、だいぶ前に一旦売却しています。

その理由は、経験上”買収”の時期には販管費ばかりかかり収益を圧迫することが多いです。(マニー、あいHD等の例)

また、海外展開も同様に新しい試みなので当分は赤字になることが多い。

加えて、月次報告が芳しくないとなれば一旦売却が正解と思います。だから想定内の結果

(営業CFがマイナスまでいくのは想定外でしたが・・)

 

とりあえず、前回言いましたように気になる点を確認し更に一段下がるようであれば買い増すと思います

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事