投資をギャンブルにしないリスクの考え方。

リスクとリターンは一致しない

こんにちはimoekatです。

さて、今回はリスクについての考え方を少し。

一般的に「リスク」とは、「リターン」とイコールで結ばれて説明されている。

つまり、(リスク=リターン)と

なので、大きなリターンを得る為には、大きなリスクをとらなければいけないと説明されます。

皆当たり前だと受け入れているこの考え、冷静に考えればおかしくないですか?

 

 

オッズを変えろ!

一般的な「リスク」とは、どれだけ損を許容できるか?という意味で語られます。

金融機関やファイナンシャルプランナーとかと投資の話しをすると、

1 消極的 2 中庸(バランス型) 3 積極的 みたいなざっくりした投資基準を確認されます。そして、それは「どれだけ損を許容できるか?」という基準で「リスク」をとらえて3つの投資スタンスを決定するのです。

さて、ここでおかしなことが一つあります。

それは、この問いかけ「どれだけ損が許容できますか?」というもの

損なんて誰もしたくありません!! 元本保証がいいのです!安全確実に殖やしたいのです!

理想は、「損をしなくて大きなリターンを受けたい!!」です

この我儘を達成するには賭けのオッズを変えなければいけません。

つまり(リスク<リターン)の世界を創造しなきゃいけないのです。

 

無知であること=リスク

かのウォーレンバフェットは言いました。

リスクとは知らないことだ

約10年前この言葉を聞いた自分は投資の本質を知った気がしました。

そうなのだ・・どの分野でも無知であるから正確にリスクを判定できず、どうなったら撤退するか?という指標を持たない投資家がごまんといる。

前に投稿した絶対負けない投資哲学でもお話ししましたが、投資対象は徹底的に調べ

  1.  何故それを買うのか?
  2.  何処が強みか?
  3.  どうなったら撤退(売却)するのか?

 

この三点をしっかり把握しておくことが負けない投資のキモなのです。

値下がりの幅や可能性を理解し将来の成長に大きな確信を持てれば、(リスク<リターン)の世界になります

実際、私の例で言えば限りなく損する確率をゼロにしリターンは300パーセントとか700パーセントという成績も出ています。

ここまでいかなくとも15パーセント~50パーセントのリターンを期待できる投資対象はゴロゴロあります。そして、その際の損する確率は非常に小さくなっています。

 

分散投資は素人がする投資戦術

無知=リスクととらえるだけで、あなたの投資成績はグンと改善します。

普通の人は未知の投資商品を選び、そこに書いてある利回りが正しいのか裏をとることもせずに投資商品を買います。普通の人は全面的に相手の説明を信じるしかないのです。

そして、相手の都合のいい説明からバラ色の投資成績を夢想し上手くいかなかった時は相手を非難するしかない。

結果、そんな人が無知である自分への反省もなくただ「投資は怖い!」だの「騙された!」だのと世間に吹聴するのです。私はこんな投資家もどきは害悪だとさえ考えています

そんな無知な投資家がとるべき戦略は、無知であるがゆえに自分の投資先がどうなる分からないので単純に「一つのかごに卵を盛るのではなく沢山のかごに分散せよ」となるのです。この考え方の人は(リスク=リターン)となります。下手すると(リスク>リターン)になることさえあります。

一方、しっかり理解した投資先に投資する人は将来の成長に自信があるので分散するなんて非効率的なことはせず出来る限りの資金を投入するのです。ウォーレン・バフェットに言わせれば「一つのかごに卵を盛りしっかり見張れ!」となるのです。

 

まとめ

リスク=知らないこと

と理解し、しっかり勉強することです。

勉強か・・と絶望的な気持ちになる人もいるかも知れませんが、そんなに構えなくて大丈夫です

株にせよ不動産にせよ専門家になる必要はないので投資に必要な部分だけでも勉強するのです。この投資対象を理解しようとする考え方は将来計り知れない利益をもたらす可能性を秘めているので、必ず忘れないようにして下さい。そうすれば、ただ投資を怖がったり誰かに騙されてばかりいるレベルからすぐに脱出でき自立した投資家になれるはずです。

 

 

SPONSORED LINK

Voluntary life メルマガ

voluntary life メルマガ

「自律的に生きる」をテーマにしたサークル風メルマガ。 読者参加型で、今の自分の枠組みを超えたい人を対象にしています。お金以外の資産作りに興味がある人は是非!現在、月額250円(4月末に300円へ値上げ予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です